しじみに含まれるビタミンEの効果

しじみに含まれる代表的な栄養素といえばオルニチンですが、実はその他にも豊富な栄養が含まれています。その一つが“ビタミンE”です。しじみに含まれるビタミンEでどんな効果が期待できるのか、詳しくご説明していきます。

しじみに含まれるビタミンEの効果

ビタミンEは油に溶けやすい脂溶性ビタミンの一つで、化学名では“トコフェロール”といいます。抗酸化力が強く、細胞や組織の老化を防ぐことから「若返りビタミン」とも呼ばれています。ビタミンEの効果をもっと具体的にチェックしていきましょう。

生活習慣病を予防する

ビタミンEには血中のコレステロールの酸化を抑制する働きがあります。これにより動脈が硬くなってしまうのを防ぎ、動脈硬化や心筋梗塞などの病気を予防します。
また赤血球の破壊を防ぐ働きも。血液を健康に保って、頭痛や目まいなどの貧血の症状を起きにくくします。

冷えを改善する

ビタミンEには、毛細血管を拡張させる働きもあります。これにより血流が良くなり、冷えによる肩こり、腰痛、頭痛などの改善が期待できます。

肌の老化を起きにくくする

紫外線を浴びると、肌では活性酸素という物質がつくられます。肌の細胞にダメージを与え、老化を早めてしまう物質です。ビタミンEはこの活性酸素を抑える働きがあり、シミ、しわ、たるみなどを起きにくくしてくれます。

女性特有のトラブルを和らげる

ビタミンEは女性ホルモンの分泌を調性します。卵巣を健康に保つ他、ホルモンの乱れによる生理痛、生理不順、更年期障害などの症状を和らげる効果もあります。

ビタミンEはしじみにどれくらい含まれている?

しじみ100g中に含まれるビタミンE含有量は1.7㎎です。ビタミンEが豊富と言われるアーモンド、かぼちゃ、うなぎ、アボカドなどと比べると決して多くはありませんが、馴染みのある貝類の中では効率よくビタミンEを摂取できる食材と言えます。あさりのビタミンE含有量は0.4㎎、はまぐりは0.5㎎。「ビタミンEを毎日手軽に補給したい」という人にはしじみはおすすめです。

しじみでビタミンEを補給しよう!

しじみには、動脈硬化や貧血、冷え、肌トラブル、女性のトラブルなどに効果を発揮するビタミンEが含まれています。不足すると老化や病気が起きやすくなるビタミンE。1日の摂取目安量は18歳以上の男性で6.5㎎、18歳以上の女性で6.0㎎です。しじみをうまく取り入れて、不足のない健康な毎日を送りましょう。