意外と知られていないしじみの成長過程

二日酔いなどに効くとして知られている“しじみ”。日本ではポピュラーな食品ですが、その成長過程を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。どこでどのように生まれ、どうやって成長していくのか、意外と知られていないしじみの生態を学んでいきましょう。

知っておきたいしじみの種類

生態はしじみの種類によって違ってきます。日本に生息するしじみは、ヤマトシジミ、セタシジミ、マシジミの3種類。このうち、私たちの食卓にのぼるしじみのほとんどは“ヤマトシジミ”です。日本の漁獲量の99%以上を占めています。セタシジミは琵琶湖水系のみでとれるしじみで、漁獲量は多くありません。マシジミは水田周辺の川などといった淡水域でとれるしじみですが、農薬や化学肥料の影響や環境の変化によって、現在では漁獲されることがほとんどない品種です。

しじみの成長過程

ここからはしじみの中でもポピュラーな“ヤマトシジミ”の成長についてお伝えしていきます。

産卵~幼生期

しじみにも、人間や動物と同じようにオスとメスが存在します。7~9月頃、オスとメスが殻の中にある出水管という組織から卵子と精子をそれぞれ放出し、水中で受精をおこないます。淡水域でも海水域でもなく、どちらも混ざり合った汽水域で受精がおこなわれます。受精後、卵は水中を漂いながら分割を繰り返し、10日間ほどの幼生期を過ごします。

成長~成熟

幼生期を経た卵には殻ができ、水の底に着底します。やっと貝の姿形になるわけですね。この時はまだ砂粒ほどの小さな椎貝ですが、プランクトンなどをエサにしながら少しずつ大きく成長していきます。成熟して漁獲できるサイズは1.5~1.7cmほどが目安で、そのサイズに至るまでには2年以上かかります。漁獲されなかった場合はそのままゆるやかに大きくなり続け、そのまま10年以上は生きるとされています。

栄養たっぷりのしじみを取り入れてみよう

しじみには私たちと同じようにオスとメスが存在し、受精卵から少しずつ成長・成熟していきます。普段何気なく食べているしじみも、長い月日をかけて栄養が凝縮されたものなのです。「毎日の栄養が偏っている」「お酒をよく飲む」という人は、しじみの栄養に着目してみてはいかがでしょうか。