低脂肪なしじみの3つのメリット

しじみには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、多くの栄養素が含まれています。また、含まれている脂質が少ないこともしじみの優れた特徴です。低脂肪のしじみを食べることにはどんなメリットがあるのでしょう?詳しくお伝えしていきます。

しじみに含まれる脂質は?

しじみ100gに含まれる脂質は1.0gです。しじみと同じ動物性たんぱく質には魚や肉類がありますが、それに比べるとかなり低脂肪です。比較的脂質が少ないイワシやサケでも、100g中3~5gの脂質を含みます。また肉類の中で低脂肪とされる鶏の胸肉も、100g中約11gの脂質を含んでいます。これらに比べるとたんぱく質の含有量は劣りますが、含まれているアミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)はしじみも劣りません。

低脂肪なしじみの3つのメリット

低脂肪なじじみを食べることには、主に次の3つのメリットが挙げられます。

生活習慣病が起きにくい

脂質をとり過ぎると、脂質異常症や動脈硬化が起きやすくなります。どちらも血液中のコレステロールが多くなるために起きる生活習慣病です。放っておくと心筋梗塞や脳卒中のリスクも上がります。脂質の少ないしじみは、こういった危険を予防しながら栄養を摂取できます。

体に負担がかかりにくい

脂っこいものを食べた後に胃もたれを起こした経験はありませんか?これは脂質が消化・吸収されるまでに時間がかかるためです。また、脂質は吸収されるまでのプロセスが多く、胃、腸、すい臓など多くの内臓に負担がかかります。脂質を控えることは、体の負担を軽減することにもつながります。

ダイエットがスムーズになる

脂質は1gあたり9kcal、糖質やたんぱく質よりも高めです。つまり、脂質が多い食べ物は必然的にカロリーが高くなり、肥満にもなりやすいです。しじみは低脂肪であり、さらにたんぱく質も含みます。肥満になりにくく、メリハリのある体づくりに適しています。

しじみは健康管理に最適

脂質は決して悪者ではありません。エネルギーになったり、ホルモンの材料になったりと、必要な栄養素でもあります。ただし、とり過ぎると病気や肥満のリスクが高まります。ダイエットや健康管理をしている人は、低脂肪で栄養たっぷりのしじみを意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考URL
http://www.go2670.jpn.org/ornithine.html